【身内用】こすぷれROMの予備知識まとめ

手を出したこのことの無い領域だったのですが、

ちょっと調べる機会があったので備忘録として予備知識をまとめました。

某友人にこみけの戦利品を借りたのでそれも参考にしています。




■ROM内容のしゅるい

①jpgをまるっと放り込む(PCにはじめから入ってるビューアーで勝手に見てね方式)

②htmlやflashなどを利用して雰囲気ある見せ方をする(非オンラインでサイトを見せるような感じ)



で、同人コスROMの通販サイトとかだと圧倒的に①のほうが多いんだけど・・

①は見れればおk、②は版権同人誌の延長といったところ。

①はまあjpgデータをそのまま焼くとして、

今回は②のほうでつくることを仮定して話を進めます。



②はどちらかというと「1冊の本」の装丁とか凝るみたいな感じですね。

デザインやしくみを製作者の意図した雰囲気にして、

写真にストーリーを持たせるとかそういう感じ。

jpgをそのまま入れるのではなく、htmlやflashに組み込んで、

各購入者のPCで標準として使用しているブラウザをビューアーとして見せるのが一般的みたいです。




■まずflashとhtmlのはなし

htmlがテキストデータなのは・・わかりますよね・・?

ブログで画像入れると



<img src="○○/○○.jpg">


とかになるとおもうけど、この記述がhtmlの中身。

ソースとかタグとかってよばれてるやつ。



flashはソフト。これで書き出しされたファイルがswf。総じてフラッシュとよばれる。

サイト上ではこのswfファイルをhtmlに指定して表示させるのが一般的だけど、

swfファイルだけでも見ることはできる。



■ROM(非オンライン)とサイト(オンライン)で見るのの違い

キュアとかにアップロードすると、キュアのサーバーに画像が上がるので

ファイルの構造とかは簡単には把握できない。

ROMのほうは自動再生じゃなく「開く」でフォルダを見てまわれば、一発で構造がわかる。

ぜんぶのフォルダ開いて探せばjpgがまるっと入ってるので簡単に抜き取れる。




■flashで作る利点・特徴

swfについて簡単にいうと、iPhoneで見れない、動きをつけることができるファイル。

継ぎ目の無い柔軟なデザインが簡単にできる。

あと、フォントも埋め込んじゃえば重いけどどんなブラウザでも同じように表示できる。



そんで、flashは画像を「外部読み込み」と「直接配置する」方法がある。

↑のURLではすべての画像をflashに直接配置しているので、画像を変更しようと思ったら、

作業用ファイルを開いて差し替えてswfファイルを書き出し・・ってことをしなきゃいけないけど

「外部読み込み」では指定した画像を読み込んで表示しているので、

たとえば比較的よく使われている気がするSimpleViewerは外部読み込みなのだけど、中身の画像ファイルを同じ名前の別の画像で上書きするとビューアーでの表示を

うわがきされた画像にさしかえることができる。



外部ファイルにするとリンクしているだけなので画像そのものにアクセスできちゃうけど

直接配置にするとswfに組み込まれるので通常の手段では画像だけを抽出することはできない。

ただ、どんなに手段を尽くしても、ブラウザ機能などでキャプチャがとれてしまうので

なにをしても完全に画像を抜き取らせないようにするのは困難です。



■どこまでどういう動きさせたいかにも寄るけど、flashじゃなくても動かすことはできる。

最近は「jquery(じぇーくえりー)」という便利なプラグインがあって、flashじゃなくても

ふわっと表示させるとかそういうちょっとかっこいい表示の仕方が、ただのhtmlに、「jquery」を読み込ませるだけでできる。

iphoneだとflashが見れないので、iphone登場後から、ほんとにすごい勢いで広まった便利ツール。

フォトギャラリー用のjqueryプラグインは、、ものすごいいっぱいあるので下記参考までに。


画像を使ったいろいろなjQueryプラグイン224個まとめ( 200+ collection of jQuery for images )


画像ギャラリー用jQueryプラグインなどまとめ

表示の仕方とか、組み込みが簡単とか、フリーとか有料とか、いろんな種類がある。